失敗しない結婚式2次会会場選びのポイント

> >

keyvisual

披露宴会場は決まった、さて次は2次会会場決め…!

いざ会場を探そうとスマホやパソコンを使って「結婚式 二次会会場 東京」と検索すると・・・なんと「約250万件」もヒットします!!

こんなにも数ある会場の中から、何を重視して会場探しをしたらいいか悩んでいらっしゃる方もいるのではないでしょうか…?

今回は失敗しない2次会会場選びのポイントをご紹介致します!
是非参考にしてみてください!

 

2次会会場選びの傾向

そもそも2次会会場ってどんな会場が人気かご存知ですか??
「ゼクシィ結婚トレンド調査2016 首都圏」によると、2次会を選んだ会場で一番多かったのが「レストラン」・・・

002

披露宴から参加のゲストはもちろん、2次会から参加されるゲストの皆さんにも美味しいお食事を食べて楽しんでもらいたいという傾向にあるようです。

 

その次に多いのが「カフェ・バー」・・・

003

披露宴会場の雰囲気から変えて、カジュアルかつオシャレでゲスト皆様にも気軽に参加してもらいたい会場をお選びになる方も多いようです。

 

そして「ホテル・式場の宴会場」・・・

004

ゲストの皆様の移動手段を考慮して、披露宴と同じ会場内にてお選びになる方も多いようです。披露宴と同じ会場ですと、お2人の準備も披露宴と並行して進められるの特徴です。

また、会場を探す際に検討した店舗数はなんと「1店舗のみ」で決めてしまう方が一番多いようです…

披露宴のご準備でいそがしく、ついつい2次会の会場探しは後回しにしてしまいがちですが、一生に一度の大切な日!披露宴は良かったけど、2次会は残念な結果に・・・となってしまわないように、その日1日がお2人にとって忘れられない最高な1日で終えられるような会場を選びましょう。

 

会場見学をする前までに決めておきたい5カ条

会場を探すにあたり、下記項目を事前に決めておきましょう!

 

場所

まずはエリア決めから!
披露宴から参加されたゲストもその後、そのまま足を運んでもらえるよう披露宴会場からはもちろん、駅からのアクセスの良い場所を探しましょう。

 

時間

2次会の受付開始時間を設定しましょう。会場によっては、貸切にできる時間枠が決まっていたり、何時以降でないと受け入れが難しい…といった会場もあります。
ご披露宴のお開き時間を明確にした上で、2次会の受付時間を決めるようにしましょう。
また、2次会開始時間になっても主役の新郎新婦が来てない…といったパーティーに参加された方もいらっしゃるのではないでしょうか??

 

人数

会場によって収容人数が決まっている会場もあります。
だいたいこのぐらいの人数は招待できるだろう…と仮定した上で、見学に行くようにしましょう。あまりにも人数が少なすぎてしまうと寂しい印象になってしまいますし、多くなってしまうと、ゆっくりお食事やゲーム等をお楽しみいただけない可能性もあります。

 

予算

おおまかな会費を設定しましょう。
会費の設定次第では、会費内でご飲食代やゲームの景品類が賄える可能性もあります!また、会場によっては貸切るために必要な最低保証料金を設定している会場もあるので要注意!条件が満たす会場を探しましょう。

 

2次会で必ずやりたいこと

005

2次会でこれだけは絶対にやりたいと決めていること、また既に幹事さんにお願いしている余興やゲームはありますか?

例えば、2次会から参加するゲストに「挙式・披露宴の映像」を見てもらいたい場合、会場にスクリーンやプロジェクターが使用できる事が会場選びの条件として浮上します。
会場によっては使用料が発生する可能性もあるため細かいところまで確認できると安心です。決めてしまった後で、予定していた余興やゲームが出来なかった…という事がないように事前に確認することをオススメします!

 

 

会場に見学のお問合せをしましょう

会場の空き状況の確認をしましょう

まずは検討している日時が空いているかを確認しましょう。お日柄が良い日だと、早い段階から予約で埋まってしまっている可能性もあります…。会場へ出向く前に必ず電話やメールで会場の空き状況の確認するようにしましょう。

 

見学日の予約をしましょう

出かけたついでにふらっと立ち寄って会場を見学することも可能ですが、会場によってはせっかく行ったけど、貸し切りが入っており見学をお断りされてしまう可能性もあります…またカフェやレストランなど通常営業をしている最中で詳しくお話が聞けずに終わってしまう可能性もあるため、お見積書までご提案していただきたい場合は、必ず見学の予約を入れるようにしましょう。

 

会場に行って確認するべきポイント

クローク

006

披露宴から参加されるゲストが多い場合、必ず引出物を持って2次会会場に向かうため人数分荷物が置けるスペースがあるかどうかを確認しましょう。季節によっては引出物に加え、お召し物も置けるスペースが必要となります。
また、荷物を置けるスペースがあっても、クローク対応してくれるスタッフがいない可能性もあります。ご人数が多いパーティーはもちろん、お酒が入り酔いがまわってしまうと引出物やお荷物を誤って自分のとは違うお荷物を持ちかえってしまうというトラブルもつきものです。大切なゲストの荷物を丁寧に扱ってくれる会場を選びましょう!

 

ブライズルーム

007

パーティー時間によっては、予定よりお2人が早く2次会会場に着いてしまった・・・というケースもあります。その際に、パーティー開始までのお時間でお2人が待つことができるお控え室があるといいですよね!
会場によっては、ブライズルームやゲストの控え室がない可能性もあるので、事前に確認をしておきましょう。
ブライズルームのご用意があれば、もし2次会の後に3次会をご検討している方は、ドレスから私服に着替えてラフな格好でそのまま3次会の会場に行けるのでオススメです!

 

化粧室・喫煙場所

ご人数が多いパーティーでは並ぶだけでも時間がかかってしまう可能性があります…
ゲストの皆さんにストレスなくお楽しみいただけるよう、見学時に忘れずに確認をしましょう!

 

会場の雰囲気・レイアウト

008

レストランやカフェですと通常の営業時と貸切時のレイアウトが全く異なる可能性があります。必ず見学の際に、お写真を見せていただくようにしましょう。受付のスペースや、お2人のメインテーブル、スクリーンの位置、お食事・お飲み物が並ぶ位置など…確認するようにしましょう。
幹事さんも一緒に見学をされる際は、司会の位置や音響周りなども確認しましょう。

 

会場設備

009

会場によって使用できる設備や貸し出しアイテムが異なります。
例えば、プロジェクターや、スクリーン、マイク等の音響機材など、無償で会場設備を利用できる会場さんもあれば、利用するにあたり料金が発生してきてしまう会場もあります!いくらで使用ができるのかで予算も変わってきてしまう可能性があります・・・
また、BGMはどんな機材を使って流すことができるのか、PCの映像をスクリーンに上映する事ができるのか等、会場スタッフに必ず確認するようにしましょう。

 

お見積

見学後は必ずお見積書を出していただきましょう!何店舗か会場をご検討される際は、お見積書のご人数や、入れておきたい内容を揃えて比較するようにしましょう。
また2次会会場だと最後までお食事がたくさん残ってしまっている印象がある方もいらっしゃるかと思います。お食事の手配数も人数分のご手配ではなく、ご人数に対してお食事の手配数を少なくすることもできるかどうかも、予算を抑えたい方は相談してみましょう。
会場によっては、特典や割引をつけてくれる会場さんも…!
是非会場に足を運び、見学に行くようにしましょう。

 

スタッフの対応

会場さんの接客も失敗しない会場選びのポイントです!
披露宴と同様に会場のスタッフがお2人のサポートをしてくれる会場もあります。
入場のタイミングはもちろん、お食事やお飲み物のケア、細かいところまでサポートをしてくれる会場だと安心ですよね。
また、パーティー当日は、幹事さんが先に会場入りをしてお2人の代わってパーティーの準備をしてくれます。会場のスタッフさんが当日どのようなサポートをしてくれるかもきちんと確認するようにしましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか…?

これから会場探しをされる方は是非参考になりましたら幸いです。主役の新郎新婦はもちろん、ゲストの皆様にもお楽しみいただけるような2次会会場を探してみてくださいね。

 

参考

【ゼクシィトレンド結婚調査2016 首都圏】
http://bridal-souken.net/data/trend2016/XY_MT16_report_06shutoken.pdf