ゲストに来てよかったと、感動してもらえる結婚披露宴にするには?

> >

keyvisual

結婚披露宴とは、元々は新郎新婦二人が結婚することを親戚や友人知人などに広く発表するために催していた宴会のことを言います。お披露目の場として結婚式(挙式)と併せて開催されていたのが結婚披露宴です。

お客様と打合せの際、どんなパーティーにしたいかという話をする時に、ここ数年でよく聞くようになったことがあります。

それは、【ゲストに感謝を伝えたい】【来てくれるゲストにおもてなしをしたい】と、これまでの自分たちが望むことをする披露宴と言うより、来てくれるゲストが楽しんでくれる、喜んでくれる披露宴を望むお二人が増えました。

私たちが運営するレストラン、Casitaでも多くいらっしゃいます。

ゲストのことを考えたおもてなし重視の披露宴って実際どういうことなのか。
そして来てくれるゲストの皆様が楽しんでくれて感動してくれる披露宴にするにはどうすれば良いのか。

Casitaでの実例も紹介しつつ書いていきたいと思います。

 

ゲストが感動する披露宴のポイント

披露宴に対する二人のイメージは?

そもそも、披露宴を催すにあたりお二人はどのようなイメージをお持ちでしょうか?
・自分たちのやりたいことが思いっきり叶う披露宴?
・日頃からお世話になっているゲストに感謝を伝えるおもてなしができる披露宴?

文字として書いてしまうと、極端に大きな違いがあるように見えてしまいますが、これを見てくれている皆さんはご自身の披露宴を催すにあたりどうお考えでしょうか?

私たちウェディングプランナーはお二人の想いやイメージをきちんと形に変えて、時には沢山の知識や経験からアドバイスしたりしながら当日を迎え、披露宴が無事に滞りなくお開きとなるまで常に1番近くで見届けます。

これも少し極端な言い方になってしまうのですが、お二人が自分たちがやりたいことを最優先に考えていきたいタイプなのか、もしくは自分たちのことだけでなくゲストが喜んでくれるような披露宴にしたいのか。

やはりお二人の想いで準備の進め方やプランナーとしての提案の仕方も大きく変わってきますが、どちらかが間違いでどちらかが正解ということではありませんのでそこはご安心くださいませ。

お二人がどういうタイプで、どういう披露宴にしたいかというイメージでお二人にぴったりの会場が変わってくると思いますので宜しければまず先に二人でイメージしてみてくださいね。

nice-14

 

 

自分たちの希望が叶う会場探し

上記の通り、お二人のイメージによって会場選びから変わってくると思います。

・とにかく自分たちが1番気に入った会場で開催したい!
・会場の雰囲気なども大事だけど、アクセスが悪いのはちょっと・・・
・ゲストへのおもてなしがしっかりできるかどうかが1番

などなど、もちろん他にも色々な要素があって会場選びをされると思いますが、1番大切なのはどこまでお二人の希望が叶う会場なのかどうかだと思います。

この、『どこまで叶うか』って結構ポイントです!

全てにおいてパーフェクトな式場はそう滅多にありません。(もしもあったら迷わず決めることをおすすめします)

例えば、会場の雰囲気が1番大事だけど、会場へのアクセスがあまり良くないという会場があったとします。

雰囲気はすごく好きなのに・・・この時、アクセスが良くないことをお二人はどこまで妥協できるのか。

最寄り駅から徒歩20分? 10分? もしくは5分以内?

他にも、
雰囲気はすごく良いんだけど、人数的に少し狭いかも・・・
料理はすごく美味しいんだけどサービスしてくれる人がちょっと・・・
など、上記に限らず何かが良くて何かが微妙ということは本当に良く耳にします。

ハードの部分(会場など設備的な部分です)も大事だと思いますし、ソフト面(料理やサービスなど)がどうかも大事だと思います。

ですので自分たちがイメージする披露宴がどこまで叶う会場かどうか、全てはこの会場探しから始まって、もしかすると会場を決めた時点で全て決まってしまうと言っても過言ではないのかもしれません。

ハード面は実際に見学に行けば何となく分かりますが、ソフトの部分はなかなか分かりにくかったりもするので会場探しはくれぐれも慎重に検討しましょう。

会場が決まったらそこから詳細を少しずつ決めていくわけですが、今回は表題の通り、ゲストへのおもてなし重視の感動してもらえる披露宴にするためのポイントを私の経験なども含めてお伝えしていきたいと思います。

s-174

 

ゲストリストの作成

ゲストリストとはお二人が招待される方々を分かりやすくリストにしたもののことです。
お名前の他に住所や肩書きなど、招待状や席次表に必要なことをまとめてリストに入力していきます。

これは普通ですが、Casitaではここに更にゲストの情報を追記していただくことがあります。
と言ってもそんな大げさなものではなく、ほんとに何気ない情報で良いのです。

会場によって可能なことと不可能なことがあるかと思いますので、ここでは参考までにCasitaでのほんの一例をご紹介致します。

例えば・・・Aさんはお酒は苦手で普段はコーラが大好き。
これが分かるだけでできることがあります。

普通なら、コース料理に合わせてシャンパンや白・赤ワインなどをオススメしたりするものですが、お酒が飲めないお客様に飲めないお酒をオススメしても飲んでいただけるはずもありませんよね。当たり前のようにおすすめしたワインは断ってソフトドリンクをご注文されると思います。

Casitaの場合、スタッフがコーラを持っていき、A様はコーラがお好きですよね?いかがですか?と、飲めないお酒を勧めるのではなくA様が大好きなコーラを頼まれる前にお持ちします。

A様のお名前をお呼びし、A様が好きなコーラをお持ちしただけです。たったこれだけです。これだけですがAさんはきっと心地よくお過ごしいただけるのではないでしょうか。

 

ゲストがおもてなしを感じてくれるポイント

ゲストがお二人からのおもてなしを感じてくれるポイントは沢山あります。

上記にも書きましたように、ワインが大好きな方もいればアルコールがダメな方もいたり、赤ちゃん連れの方がいれば妊娠中の方がいたり、アレルギーをお持ちの方がいれば持病で塩分を控えている方がいたり、わざわざ遠方から来てくれた方がいたり、本当に様々なゲストの方がお越しになります。

そんなゲストの皆様におもてなしを感じていただくには統一されたオペレーション重視のサービスでは対応しきることが恐らく難しいかもしれません。

ですが逆に、皆様それぞれに合ったサービスができればゲストの皆様もお二人からのおもてなしをより感じていただけるのではないでしょうか。

ここでまた、その一例をご紹介いたします。

青山のCasitaの場合、ご披露宴のコースでプリフィクスコースというものがあります。

もう少し詳しく説明しますと、ゲストの皆様お1人お1人が食べたいと思うお料理を選べるコースとなります。

どういうことかと言いますと、招待状をお送りする際にお料理チョイス用のハガキを同封していただきます。ゲストの皆様はそれを見て、食べたいなと思うお料理をチョイスしていただき、そのコース内容で当日ご用意致します。

ご披露宴でお料理はゲストの皆様にとっても楽しみのひとつだと思いますが、それが事前に分かって、且つ皆様それぞれの好みでお選びいただけますので満足度は高いと思います。

Casitaでは、お二人からのおもてなしをできる限りゲスト全員に感じていただきたいと思っておりますので、時にはオペレーション度外視で動くこともあります。

何でも良いのでまずは一度お二人の想いをCasitaのプランナーに相談してみてください。

hyam170

 

hyam187

 

そして、披露宴中の演出としてゲストの皆様に感動していただけるおすすめの演出があるのですが、これはサプライズの要素を含んでおりますため、残念ながらここで詳細をお伝えすることができませんので是非とも一度会場見学にお越しくださいませ。

 

nice-188

 

 

まとめ

このように、ゲストの皆様におもてなしを感じてもらえるにはお二人の想いと、それだけではなく会場と担当してくれるプランナーの協力もすごく大切だと思います。

是非ともお二人の素直な想いを担当のプランナーさんに相談してみてください。

今回は『ゲストの皆様に来てよかった、感動してもらえる披露宴にするには』というテーマで書いてきましたが、会場がまだ決定していない皆様はこれからの会場探しはとても重要ですのでくれぐれも慎重に、そして心から納得できる会場が見つかることをお祈りしております。

nice-233