意外と知らない「ブライズメイド&アッシャー」とは?

> >

keyvisual

現在では日本でも人気があり、認知度も上がっているブライズメイド。

新婦友人が2~4人でおそろいのドレスを着て、挙式で一緒に入場したり、さまざまなサポートをしているのを見たことがある人も多いですよね。

海外の映画やドラマのウェディングのシーンでは必ずと言っていいほど登場するこの「ブライズメイド」と新郎友人の「アッシャー」。

いったい結婚式でどんなことをやるの? また、どういう風に友人に頼めばよいの?

ここではそんな疑問にお答えしていきます!!

 

 

ブライズメイドってなに?

海外では

ブライズメイドとはヨーロッパで新郎新婦を妬む悪魔から花嫁を守るために、未婚の友人・姉妹達が似た衣装を着て付き添い、悪魔の目をごまかしたのが起源とされています。そこから始まり、現在でもその風習が残っています。
花嫁の介添人をブライズメイドといい、新郎の介添人はアッシャーと呼ばれます。

その中でも1番親しく、代表的な人のことをメイドオブオナー、アッシャーの場合はベストマンと呼びます。

海外では、ブライズメイドとアッシャーは結婚が決まった時から新郎新婦のお手伝いをするのが当たり前とされています。式場やドレス、ヘアメイク、ブーケ、装飾などの手配を全て担います。日本のウェディングプランナーのような存在です。当日も似た衣装を着て、新郎新婦のそばにいてお手伝いをします。

また、挙式披露宴のことだけでなく、結婚式の2ヶ月~2週間前に女性だけで集まって花嫁をお祝いする「ブライダルシャワー」というパーティーを企画、開催するのもブライズメイドの役割です。

 

日本では

しかし、このような文化がない日本では、見た目を真似ただけの場合が多いです。お揃いの衣装を着て当日新郎新婦の隣に並び、手伝いをします。

 

 

ブライズメイドの火付け役は?

ブライズメイドの認知度は近年日本の若い女性の中でも一気に上がりましたが、メディアの力が大きかったようです。

 

有名芸能人の結婚式

中でも注目を浴びたのは、芸能人の結婚式で実際に行われたことでした。

2012年、超ビックカップルの小栗旬さんと山田優さんの結婚式。ハワイにて行われた挙式で、ご友人にブライズメイドをお願いして、お揃いのドレスを着たそうです。

その後も2013年にバリ島にて、オリエンタルラジオの中田敦彦さんとタレントの福田萌さんがブライズメイドとアッシャーを取り入れた結婚式を行っています。

 

映画

海外のウェディングがテーマの映画では、必ずと言っていいほどブライズメイドの話題が登場します。

中でも人気なのが、「BRIDES MAIDS~史上最悪のウェディングプラン」

ブライズメイドに選ばれた女性を主人公に描かれ、アカデミー賞受賞の大人気作となったコメディ映画です。

 

ほかにも「幸せになるための27のドレス」や「セックスアンドザシティ」があります。

 

結婚が決まると同時に一番先に浮かぶのはブライズメイドを誰にお願いしようかという悩み!というほど、やはり欧米では重要な役割であるようです。

 

 

日本でもできる!ブライズメイドのアイディア

写真6

海外では結婚式の準備から当日のアテンドを担う役割のブライズメイドですが、この文化のない日本では、式の準備から手伝いを頼むのはなかなか難しいことです。

やりたいけど相手の負担になってしまうのでは・・・と悩む方も多いはずです。

海外のやり方をそっくり真似することは難しいですが、できる範囲でお願いをし、お互いに楽しむことは十分にできます。

ここで、日本でも簡単に当日お願いできる演出のアイディアをご紹介します!

 

受付

写真7

受付担当は新郎新婦に代わってゲストをお迎えし、ご祝儀をお預かりいただく大切な役割です。
新郎新婦の事をよくわかってくれている親しいご友人ならば、他のゲストへの対応もご祝儀の管理も安心してお任せできるでしょう。
入り口からお揃いの衣装をまとった方々がお迎えをすれば、会場の雰囲気も華やぎます。

最近は芳名帳の他にもゲストにご協力いただき完成させる【ウェルカムアイテム】も大人気です。
そんなアイテムも受付のお隣でゲストへご案内してもらいましょう。

 

ウェディングツリー

指印やサインをいただき結婚の承認をいただいて完成させます。

写真8

 

チェキ撮影

また、ゲストの写真とメッセージを残せるチェキでの撮影もおすすめ!
チェキのカメラマンになってもらいましょう。

 

入場のアテンド

挙式や披露宴の入場は新郎新婦にとって緊張が高まる場面です。
そんな時にたくさんの時間を共にしてきたご友人が隣にいてくれたら安心できるはずです。

こちらは池袋店【OCEAN Casita】で実際に行われた宴内人前式のお写真です。

写真9 写真10

腕を組んだり、手をとったりしながらお進みいただけば、リラックスできていつも通りの笑顔になれますね!

 

入場シーンをもう1つご紹介します!

青山店【Casita】のテラススペースにて行われた人前式の様子です。

写真11 写真12

新郎新婦のご入場の前にブライズメイドとアッシャーのペアでご入場していただき、祭壇の前で新郎新婦を登場を待つ、という演出も楽しく盛り上がります!

アットホームでにぎやかな雰囲気をつくれるので、堅苦しい演出は苦手・・といった方にもおすすめです。

 

挙式中のお手伝い

写真13

普段は式場のスタッフやヘアメイクなどが介添人の役割をしていますが、ここでもご友人にお願いすれば一緒に挙式を作り上げる事ができます。

挙式中の役割は・・・
☆指輪の交換や結婚証明書にサインをする際に新婦のグローブやブーケを持ってあげる
☆指輪の交換の際にリングピローを差し出す
☆周りで拍手をして盛り上げる

このように難しいことはありません。

挙式のやり方が全くわからない・・・!といった方でも式場スタッフがしっかりとご説明させていただきますのでご安心ください。

 

結婚証明書立会人

日ごろからお世話になっているゲストの皆様に証人になっていただく人前式では、立会人の方に結婚証明書へご署名をいただくことができます。その際に大切なご友人からサインをもらってはいかがでしょうか。

写真14

ご新郎様との出会いや、結婚式を向かえるまでの悩みなど・・・色々なことを相談してきたご友人だからこそ、お互いに色々な思い出が蘇り、素敵な演出になるのではないでしょうか。

 

余興

披露宴で盛り上がるシーンといえばゲストからの余興です。
流行の歌やダンス、お笑い芸人のネタのなどと学生時代の友人や職場の同僚に余興をお願いすることが多いと思います。衣装などが必要ない場合は、ここで統一感を出すために、お揃いのドレスを提案してみてはいかがでしょうか。

 

 

準備グッズ

ブライズメイドボックス

ブライズメイドをご友人へお願いするタイミングは、披露宴の招待状と同じ時期にするのがベストです。
招待状を送る前にあらかじめ日程の確認をしおくと心配もいりません。

その後のプランナーとの打ち合わせの中で決定する場合でも、準備のために最低90日~1ヶ月前には連絡をしましょう。

また、その際にはブライズメイドになるのが楽しみになるような可愛らしいギフトを共に送るのがオススメです!

海外では『ブライズメイドボックス』と呼ばれています。「Will you be my bridesmaids?」(ブライズメイドになってくれますか?)のメッセージと共にプレゼントを贈るのが一般的です。

・ルージュ
・マニキュア
・ネックレス
・ブレスレット
など当日揃えて使用できるものや、お菓子ならアイシングクッキーやマカロンと可愛らしいものなど女性ならではの贈り物は選ぶのも楽しいですね。

 

ドレス

ブライズメイドの魅力はなんといってもお揃いのドレス!
会場の雰囲気も華やかになり、本人達だけでなく他のゲストの気分も上がりますね!

かわいいお写真をたくさん残せる点も女性にとっては大事なポイントだと思います。

ただし、サイズの確認やデザインの決定で時間が必要なこともあるので、ご友人への連絡はお早めに!!

 

ブーケ

ドレスの色はバラバラでも、同じブーケを持って統一感が出ますし、同じ色のドレスでブーケを色違いのカラフルにしても華やかです!

時間や予算の関係でお揃いのドレスを用意できない場合は・・・

同じカラーのドレスを各自で用意し、お揃いのブーケを当日お渡しする!

これなら新婦にとってもご友人にとっても負担が減るでしょう。

お写真のように、バラを一輪ずつ持つとシンプルで大人らしさをだせます。

写真16

 

アクセサリー

海外ではドレスと共にヘッドアクセサリーをプレゼントするのが一般的です。こちらもブーケと同様準備に負担がかかりません。

その他にもブレスレットやカラフルでかわいいサングラスなど、身近なアイテムでも楽しめます。

写真17

このようなアイテムはブライズメイドボックスに入れて贈るのもわくわくします。

 

アッシャーへのギフト

新郎側の友人、アッシャーへのプレゼントもお忘れなく!

男性へのプレゼントは
・ワイン
・シャンパン
・グラス
・ボールペン
などといったお酒や実用的なものが喜ばれるでしょう。

当日のタイ・ネクタイを送っても、相手の準備の手間を省ける心遣いとなります。

 

 

ブライズメイド・アッシャーの費用を負担するのは?

基本的に、衣装やブーケなどは新郎新婦側からプレゼントすることが多いようです。

また、お礼として交通費を負担したり、挙式後にもお礼の品をプレゼントして更に感謝を伝えると良いでしょう。

 

 

ブライズメイド・アッシャーをお願いする時の要注意点!

☆直前はNG!早めのお願いを!
☆ブライズメイドとアッシャーを同じ人数揃える
☆相手の負担にならないように準備や連絡はしっかりと行う
☆当日の進行はある程度事前にお知らせしておく
☆他のゲストへの配慮も忘れずに

準備さえしっかりすれば、当日は皆様で楽しんでいただくのみです!

ブライズメイド、アッシャーに選ばれたご友人達のこともしっかりとケアさせていただきます!

皆様もぜひ、大切なご友人と一緒に素敵な一日をつくってみてはいかがですか?