トピックス|レストランウェディングCasita(カシータ)|青山・表参道・池袋のレストランでオリジナルウェディング

CASITA WEDDING NEWS&TOPICS

カシータからのお知らせ&コラム・事例 etc

AOYAMA La Porte AOYAMA 3F 5-51-8, Jingumae, Shibuya
IKEBUKURO Sunshine City 60, 59F, 3-1-1 Higashi Ikebukuro Tokushima-ku

投稿

結婚式場探しに役立つヒント「ホテル」「ゲストハウス」「専門式場」「レストラン」それぞれの違いって? 「試食相談会」のススメ!!

Casitaのスペシャリテ、絶品フォアグラのキャラメリゼ

ご結婚式をお考えのご新郎ご新婦の皆さん、ご結婚おめでとうございます!

ご両家の顔合わせ、結納、ご入籍など…これから結婚へのご準備を始める中で一番頭を悩ませるのが【結婚式場探し】ではないでしょうか?

 

「そろそろ結婚式の会場も探さないとなぁ。でもホテル、ゲストハウス、結婚式場、レストランとかいろいろあって、何が違うのかも全然分からないし…」まさに今、そんな悩みを抱えている方も多いと思います。

そこで今回は結婚式会場を探す際に知っておくと役立つ基本的な各会場スタイルの違いと、会場探しの際にぜひお勧めしたい「試食相談会」についてご紹介していきます。

皆さんの今後の結婚式準備の参考にしてくださいね♪

 

■「ホテル」「ゲストハウス」

 「専門式場」「レストラン」の違い

結婚式の行なわれる会場は「ホテル」「ゲストハウス」「専門式場」「レストラン」と大きく4つのスタイルに分類されます。

ご友人の結婚式などで出席したことはあるものの、それぞれの違いがよく分からないという方も多いと思いますので、まずはそれぞれの特徴とメリット・デメリットをご紹介していきます。

 

■ホテル

【特徴】

本来は宿泊ゲストがメインのため、昔はホテルの結婚式の料理・サービスなどに関しては「型にはまっている」「豪華だけどありきたりなイメージ」など、ブランド力は高いけど、定番で無難なウェディングという印象を持たれていました。

ただ、近年は外資系ホテルなどで専属のウェディングプランナーと契約し、デザイン性やオリジナリティの高いウェディングを提案したり、スターシェフが監修したウェディングメニューを取り入れるなど、魅力あるプランを打ち出しウェディングに力を入れているホテルも増えてきました。

また、チャペルや神殿、披露宴会場はもちろん、衣裳室・写真室、美容着付室など同じ建物内にあらゆる施設が整っていることが多いのも魅力です。格式の高さや利便性などを重視する人にオススメです。

【メリット】

①宿泊できる

ご親族様やご友人などがご遠方からお越しになる、というおふたりには披露宴会場と宿泊施設の移動距離が少ないホテルウェディングはとっても安心。また、お祖父さん・お祖母さんなどご年配ゲストなどは宿泊していただき、ゆったりと過ごしてもらうことも出来ます。

 

②駅直結または駅から近い場所が多くアクセスが良い

多くのホテルが駅直結であったり、駅から徒歩5分以内などアクセスの良い場所にあるのも便利です。

 

③披露宴会場が大きいところが多い

バンケットと呼ばれる披露宴会場は100名以上の大人数での貸切ができる広い会場が多いのも特徴的です。

そのため、ご親族や会社の方が多いパーティーにも適しています。著名人や芸能人などゲストが1000名を超えるパーティなどもホテル利用が多いですね。

 

④知名度があり、ステータスが高い

多くのホテルが誰もが知っている、または聞いたことがある名前で安心感があります。

 

⑤ブランドの信頼度を大切にするためスタッフ教育が行き届いている

有名ホテルはそのブランドと信頼度をとても大切にしているので、フロント・ポーター・アテンドなどあらゆるセクションのスタッフ教育が一定の水準を保っていて安心感があります。

【デメリット】

①特別感やプライベート感は薄い

ホテルなので当然ですが、一般の宿泊のお客さんや他の結婚式に参列するゲストなどたくさんの人たちが行き交うため、プライベート感はあまりありません。

 

②館内が広く分かりづらい

そもそも建物自体が大きいため、さまざまな施設があり便利な反面、特にご年配の方などは非常に分かりにくい面もあります。

バンケットも同じような造りの会場がたくさんあるため、中には間違って違うバンケットに迷い込んでしまった、なんていうエピソードがあったりもします。

 

③持込の制限がある

衣裳やカメラマン、ビデオや引出物など、基本的にホテルの提携内からしか選べないことが多く、持込に制限があるところが多いです。

 

④時間も含めてさまざまな制約が厳しい

一日に多くの挙式・披露宴を行なうことと、ブランド力を損なうような事故やトラブルなどを避けるために、ルールがしっかりと整っています。そのため、当然内容の自由度は低く比較的定番の内容になりがちです。

 

■ゲストハウス

【特徴】

本来は「邸宅を貸切りゲストをお迎えする館」の意味なので、一日1組、またはお昼に1組、夜に1組の貸切で、建物内にいるのはおふたりのゲストのみ。ゲストの控え室などもゆったりと利用できるプライベート感の高さが魅力なのがゲストハウスウェディングです。海外の邸宅をイメージし、ガーデンやプールなどがあるオシャレな会場も多いです。

ただ、近年の「ゲストハウス」と称する会場の多くは複数のバンケットがあり、さらに1つのバンケットで「午前の部」「午後の部」「夜の部」と3回転などさせる会場もあり、専門式場とゲストハウスの差があいまいになってきています。

 

本来ゲストハウスの基本的な会場の造りは、ゲストが入り口から入ったら、ホワイエ(待合室)⇒チャペル⇒バンケットと移動する際に、別の新郎新婦のゲストとはバッティングさせない、というものでした。

ただし、先ほども述べたように現在はそこを守っているゲストハウスは少ないかもしれません。

 

【メリット】

①華やかで豪華、いろんなテイストで選べる

お城を模したような会場も多く、とにかく華やか。いわゆるお姫様ウェディングだったり、出来ればディズニーランドで結婚式がしたい、というイメージのウェディングをしたい人にオススメです。装飾やテイストも、エレガント・リゾート・ナチュラル・シンプルetc…などゲストハウスによって様々あり、自分の好きなテイストの会場を選べるので「チャペルや披露宴会場のテイスト・雰囲気」などデザイン性を重視する人にもマッチします。また、最新の演出や撮影・上映機材などもイチ早く取り入れている会場が多いです。

 

②チャペルが素敵

チャペルにこだわっているゲストハウスが多いのも特徴的です。

 

③ウェディングのためだけに作られているのでハード面は抜群

ウェディングをするためだけを考えて作られているので、会場の広さや音響・照明・映像上映・演出機材など、新郎新婦がいかに華やかに見えるか、それをゲストがしっかり楽しめるかなど、ウェディングのコンテンツがより魅力的に映る工夫がされています。

また、どの会場もそこを競い合っているので、最新の演出アイテムなどが揃っています。

 

④進行や演出は比較的自由度が高い

持込み以外の進行や演出などに関しては自由度は高く、提案力のあるプランナーが多いのでオリジナリティの高いウェディングが可能です。

 

⑤送迎バスなども完備している場合が多い

複数のチャペルやバンケットがあるなど建物自体が大きいため、駅から距離がある会場も多く、送迎バスや駐車場などを完備している場合が多いです。

【デメリット】

①費用が高い

チャペル・バンケット・控え室、機材など含め、ハード面が華やかで最新のものを揃える分、どうしても費用が高くなってしまいます。最初のお見積りから、打ち合わせ終了時の最終のお見積りが200万円UPというのも特に珍しくありません。

もちろん金額に見合った満足度が得られれば問題ないことですので、その辺りはその会場の卒花さんなどの口コミやブログを参考にしてみてください。

 

②持込みNGが多い

持込みに関しての自由度はまったくない会場がほとんど。仮に持込みOKでも、例えば衣裳1着につき3万~5万円など、安くはない持込み料を取られることも多くあります。

 

③式後になかなか行くことができない

ウェディングを挙げたお客様向けのイベントなどを行なっているゲストハウスもありますが、例えば「結婚記念日に行きたい」と思ってもホテルやレストランと比べるとなかなか気軽に行くことが出来ないのは残念な部分です。

 

④料理・サービス面のコストパフォーマンスが良くない

一概には言えませんが、価格と料理・サービス内容のバランスがあまり良くありません。もちろん高いランクのコースのお料理を頼めば満足度は得られますが、果たしてそれが金額に見合っているのかどうかは疑問です。

また、披露宴のサービススタッフも学生や配膳のアルバイトスタッフが多く、実際にゲストハウスで結婚式へ参列されたゲスト方からゲストへのケアの部分で少し不満が残った、といった声を多く聞きます。

 

⑤アクセスが遠い

結婚式の特別な空間作りのため、主要駅から遠い場所にあることが多いです。

最寄駅などからの送迎バスなどがあるか確認しましょう。

 

 

■専門式場

【特徴】

現在の披露宴スタイルの原型は料亭にルーツを持つ専門式場とも言われていて、ゲストハウス登場以前は、結婚式といえば大きく分けてホテルか専門式場の2択でした。

最近は専門式場からゲストハウスへリニューアルするケースが多くなり、どこが違うのかといった差別化があいまいになってきています。

会場の特徴としてはゲストハウス同様、結婚式のためのあらゆる施設が充実している面ですが、「専門」という名前通り一日に何十組ものウェディングを複数のチャペル・バンケット行ないます。そのため、ホテルと同じく多くのゲストが行き交いプライベート感や特別感はあまりないかもしれません。

多くの専門式場が衣裳を自社ブランド化したり、カメラマンやヘアメイクなどのスタッフを社員として在籍させるなどして、お客様へ比較的リーズナブルなプランを提供しています。なのでご予算を重視される人にオススメです。

 

【メリット】

①お得なパックプランがある式場も多い

衣裳・美容・撮影などを自社内でまかなっている式場が多く、たくさんの組数を獲得するため比較的価格がリーズナブルなプランがあります。

 

②バンケットが広々、ゆったり

結婚式のためだけに作られているのでゲスト同士の席・テーブルの間隔などが広く、新郎新婦が並んで歩いてもゆったりできるようになっています。

 

③挙式・披露宴に必要なハードはすべて完備

バンケットの数はもちろん、チャペル、ブライズルーム、神殿、親族控室、写真室、着付室、トイレの数などとにかく挙式・披露宴での新郎新婦とゲストに必要なハードはすべて整っています。

 

④送迎バスなども完備している場合が多い

複数のチャペルやバンケットがあるなど建物自体が大きいため、駅から距離がある会場も多く、送迎バスや駐車場などを完備している場合が多いです。

【デメリット】

①オリジナリティという面では物足りないかも

価格がリーズナブルなプランのものは選べる範囲が少なかったり、一般的なデザインのものが多かったりするので、オリジナリティや洗練されたものを求める人には物足りないかもしれません。

 

②自由度は低い。持込みもあまり出来ない

プランがリーズナブルということは自社商品で構成されているということなので、持込みをしたい場合はその分プランが安くなるわけではなく、逆に持込料がプラスされ高くなったりもします。また一日の組数をたくさん行なうためには、少しの時間のずれやミスによる進行の遅れを最小限に抑えるために、イレギュラーなことはあまりやりたがらず、自由度が低い式場も多いです。

 

③プライベート感、特別感があまり感じられない

一日にたくさんの婚礼が行なわれるため、式前の撮影で花嫁さん同士がすれ違ったり、近くで撮影していたりするのが気になる人は式場スタッフに事前にしっかり確認した方が良いかもしれません。

 

④ゲストハウス同様、料理・サービス面のコストパフォーマンスに疑問

式場もゲストハウス同様一概には言えませんが、価格と料理・サービス内容のバランスが良いとは言えません。また、建物や名前をリニューアルして新しく感じても、古い式場の場合はお料理自体もクラシックなイメージのものが多いです。

またサービススタッフも学生や配膳のアルバイトスタッフが多く、ゲストへのケアの部分では正直少し不安な面のある会場も多くあります。

 

⑤式後になかなか行くことができない

これもゲストハウス同様で、ホテルやレストランと比べるとなかなか気軽に行くことが出来ない式場がほとんどです。

 

 

■レストラン

【特徴】

文字通り、普段はレストランとして営業しているお店を貸切にして結婚式を行います。ホテルの中のバンケットではないレストランで行なうものもレストランウェディングです。

当然ながらお料理は美味しく、持込の自由度も高いところが多いので満足度・オリジナリティは高くなります。また建物自体のキャパシティが小さい分、基本的には完全貸切になるので、ゲスト同士がすれ違うなどはなくプライベート感も高いです。さらにゲストハウスや専門式場と比べると必然的に婚礼件数は少ないので、担当プランナーはもちろんレストランスタッフとの関係性も濃いものとなり特別感も感じられやすいです。

当たり前ですがサービススタッフの料理・接客の知識やソムリエがいる会場も多く、ホスピタリティの高さで選ぶ大人の新郎新婦に人気です。

 

【メリット】

①料理は間違いなくNo.1

料理の面はホテル、式場、ゲストハウスの中でクオリティ、味、価格とのバランス、すべての面から見てレストランがNo.1です。料理がおいしいので自然にゲストの満足度が上がります。

 

②サービススタッフの知識・接客のクオリティの高さ

基本的には、毎日レストランでお客様に対応しているスタッフが多いので、ただお料理やドリンクを運ぶ・出すだけではなく、大切なゲストをしっかりとおもてなしするという意識が高いです。また、料理・ドリンクの知識、細やかな心配りが出来るのもレストランウェディングの安心感であり魅力です。パーティや接待などで目と舌の肥えた主賓の方も安心してお任せできます。

 

③シンプルで落ち着いた店内

レストランはお食事をゆっくり召し上がってもらえるような内装・家具を揃えているお店が多いので、落ち着いた大人の雰囲気のウェディングが出来ます。

 

④ゲストとの距離が近い

メインテーブルがゲストテーブルと同じ高さで距離も近いので、とてもアットホームな空気感を作り出すことができます。

 

⑤自由度・オリジナリティが高い

衣裳などのアイテムなども比較的お持込み自由なお店が多く、またお料理やウェディングケーキなどもさまざま相談に乗ってくれます。時間枠もある程度融通のきくお店も多く、型にはまらないオリジナリティを感じられるウェディングを作ることが出来ます。

 

⑥ いつでも気軽に行くことができる

結婚式を挙げた後も結婚記念日やお誕生日などいつでも食事に行くことができるので、

夫婦や家族にとって特別な場所として利用出来ます。

【デメリット】

①同じ人数のキャパでも狭く感じる

ウェディングのために作られている空間ではなくテーブルなども小さいため、同じ収容可能人数でも専門式場やホテルなどと比べるとどうしても狭く感じてしまいます。

また、レストランとして隣同士の席のプライベート感を保つために、会場内に柱や仕切りがあるところも多く、そういったレストランはスペース的に狭く感じることがあります。

 

②希望の演出が出来ないこともある

ウェディングのために作られているハードではないので、希望の演出が出来ない場合や出来る場合も機材を別途手配することになるため高額になってしまうことがあります。

 

③余興などのスペースが狭いことが多い

ゲスト人数が多い場合、バンドやダンスなど広いスペースを必要とする余興がやりづらいことも多いです。

 

④チャペルや控え室がない会場もある

すべてのレストランがそうではありませんが、お店によっては披露宴を行なうスペース以外の挙式スペースや控室などがないところもあるので会場見学の際はしっかり確認しましょう。

 

⑤思ったより予算が高くなることがある

レストランの場合、料理、飲み物以外のものがほとんど提携業者への依頼になるため、持込みがダメだったり、持込み料が発生するお店だと意外と予算がかかってしまうことがあります。

またレストランによっては社内にウェディングプランナーがいない場合もあり、その場合はプロデュース会社のウェディングプランナーが担当することで「プロデュース料」というものが別で発生するため、その分予算が高くなることもあります。

 

■会場を選ぶ際はゲスト目線でじっくり観察できる「試食相談会」がオススメ

さて、それぞれの会場に【メリット】【デメリット】があり、その魅力もさまざまだということが分かっていただけたかと思います。

結婚式場選びをされている新郎新婦とお話しをしていると、ゲストの構成や特徴、おふたりの背景、ご予算、ご希望のイメージなどでだいたい「ホテル向きな人」「ゲストハウス向きな人」「レストラン向きな人」などが見えてきますが、どのタイプの新郎新婦も「お料理はおいしいものを出したい」とおっしゃる方がほとんどです。

さまざまなウェディングのアンケート調査でもゲスト満足度の1位は「料理」となっているので明らかですが、実際に自分がゲストとして結婚式に招待された時、一番楽しみなことといえばやっぱり「おいしいお料理」ですもんね^^

 

見ただけではどの会場も素敵に見えますし、その魅力やメリット・デメリットもそれぞれ。

「いくつか会場見学に行ったけど、なかなかどの会場か決められないなぁ」…そんな時はその会場が開催している「試食相談会」に参加してみることをオススメします。

ゲスト満足度に一番大事なお料理の味はもちろん、ゲストをおもてなししてくれるスタッフのホスピタリティや、さまざまな会話から感じるプランナーの心遣いや提案力や自分たちとのフィーリングなどをじっくり知ることができ「この会場だったら自分たちの一生に一度の大切な時間とゲストを任せられる!」と会場を決めるポイントが見えてくるはずです。

おいしいお料理も食べることができる上に結婚式会場探しにも役に立つ「試食相談会」にぜひ一度参加してみてください^^

 

なお、Casita Weddingでは結婚式をご検討のご新郎・ご新婦さまに限り「試食相談会」へ無料でご招待しています♪

【表参道・青山 Casita】【池袋・サンシャイン60 OCEAN Casita】

どちらの店舗でも平日・土日に関わらずディナーのお時間で随時ご予約可能です。

「Casita Wedding 無料試食相談会」当日の流れ

来店・アンケートの記入

担当プランナーからのヒアリング

会場見学

ご試食・おもてなし体験♪

お見積もり説明・プランニング提案

の流れになります。

お食事のスピードにもよりますが、所要時間は2~3時間くらいです。

 

ご予約は下記よりお気軽にお問い合わせくださいね♪

(日程によっては、ご婚礼や貸切などによりお受けできかねる可能性もございますのでご了承ください)

 

↓↓↓来店予約はコチラ↓↓↓

【Casita】http://u0u0.net/OVSk

【OCEAN Casita】http://u0u0.net/3voz

 

今回は「ホテル」「ゲストハウス」「専門式場」「レストラン」それぞれの特徴を知っていただき、さらに納得のいく会場選びのポイントとして「試食相談会」へ参加することをご紹介させていただきました。

新郎新婦お2人にとって今までもこれからも繋がっていく大切なゲストの皆様に心から楽しんでいただける結婚式作りにぜひ役立ててくださいね☆

 

 

RESERVATION

ブライダルフェアに参加しよう!

気軽なご見学やご相談など、
いつでもカシータにお越しください

カシータ/青山

オーシャンカシータ/池袋